ブログトップ

牛窓クラフト散歩

nukunohana.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

牛窓クラフト散歩を終えて

牛窓クラフト散歩公式HP

かつて備前一の港町として栄えた牛窓の街並みと瀬戸内を一望できるオリーブ園に佇む施設に並べられるクラフト作品を巡る街角クラフトフェア「牛窓クラフト散歩」では、お天気が何よりのご褒美でした。イベント当日牛窓に出向いて下さった来場者の皆様に心よりお礼申し上げます。

e0284872_12203528.jpg


牛窓という地を舞台に見立てたクラフトイベントの開催は僕の30年来の夢でもありました。覚えてらっしゃる方もいるかと思いますが、牛窓は屋外アートイベントの先駆けとも呼べる「牛窓国際芸術祭」が開催された場所。もう30年くらい前の話になるのでしょうか。当時まだものづくりの世界に入る前の20代の僕にでさえ、牛窓という地を舞台にアート作品を巡る「牛窓国際芸術祭」は、アートと地域を結ぶイベントとして強く心に残っています。ご縁をいただき、そのイベントを運営された(株)日本オリーブの現会長から当時の話を伺う機会を得た僕は、「牛窓国際芸術祭」で受けた30年前の感動をクラフトという側面から受け継いでみたいという思いにかられたことが「牛窓クラフト散歩」へとつながったのかもしれません。施設の建設や開発にたよらず、今在る牛窓の魅力を引き出すために、全国からクラフト作家を招き、それぞれの作家の持つ豊かな感性から町家の空間を演出することで、潜在的に潜む美しさにスポットを当て直す街角クラフトフェアは街とクラフト作品が融合しながらその地域ならではのイベントに育つものです。

e0284872_13104412.jpg


招待作家は、イベント前日初めて見る民家の玄関先や空きスペースに自分の作品をどのように展示し、その空間と作品をマッチングさせることができるか、個々の力量が試されます。まるでジャズのアドリブ演奏のようにその場の空気読み取り、モノと空間の関係性から自分の描く間を作り上げていかなければなりません。その過程においてこれまで誰も気づかなかった町家の美しさが必然的に照らしだされ、見る者を釘づけにする新たな空間が生み出されます。そんなこちらからの一方的なお願いを快く引き受けてくれた仲間たち(招待作家)が作り上げていくことで成り立つ街角クラフトフェアはこうして生まれました。出展作家の皆さんお疲れ様。またこのイベントのためにご尽力いただいた地域の皆様、また会場の清掃から会場準備まで力を借していただいたボランティアスタッフの皆様には作家を代表して御礼申し上げます。
寒風陶芸会館の小田さん!一緒に描いたワークショップ会場に子供たちの声が1日中響きわたっていたと人づてに聞き、胸が熱くなりました。
来場された方々からは「来年も開催されますか??」との問い合わせが届いているようです。言葉で街角クラフトフェアを説明してもなかなか自分たちの構想は伝わりにくいとも思ったので、第1回展を開催し、実際にみてもらったあと、続けるかどうかは地域の皆様や市からの回答にゆだねてみたいと思っています。僕は「牛窓クラフト散歩」を終え、ひと息ついているところです。

Direction / 山本美文
[PR]
by mukunohana | 2013-04-29 13:26

牛窓クラフト散歩終了

牛窓クラフト散歩公式HP

町とクラフトが一体となった初めての企画でしたがいかがだったでしょうか?多くの方々にご来場いただき作り手も地元の皆さんからも喜んでいただけたと思います。

民家の方と作り手にもさまざまなドラマがあったようです。今日会場を快くお貸しいただいた民家の方へお礼のごあいさつに回りました。そこでは「またあの方に会いたい、来年も是非」との温かいお言葉を多くいただきました。地震で始まったこの牛窓クラフト散歩の小さな芽が芽生えた瞬間でもあります。

ご来場の皆様、ご協力いただいた作家の皆様、地元の皆様、関係者の皆様本当にありがとうございました。


また瀬戸内の小さな町に春の息吹と共にクラフト散歩の芽が芽生えることができるよう今回の反省と共に今後をゆっくり考えたいと思います。


ありがとうございました。

Produce / 末藤功太郎


e0284872_20534842.jpg

[PR]
by mukunohana | 2013-04-15 20:54

いよいよ開催しました。

牛窓クラフト散歩公式HP

本日よりいよいよ牛窓クラフト散歩が晴天のなか開催されました。
大きな地震の中、作品も1点も破損することなく遠方より多くのお客様が瀬戸内の小さな漁師町にこの日ばかりはかつてのにぎわいが戻りました。

e0284872_22283413.jpg

e0284872_22285872.jpg

e0284872_22291096.jpg

e0284872_2229219.jpg

e0284872_2229377.jpg

e0284872_22295351.jpg


明日も瀬戸内海は散歩日和。是非皆様のお越しをお待ちしております。

s.


牛窓クラフト散歩会場巡回バスをご用意しました。

しおまち唐琴どおりキラリ館前―牛窓オリーブ園―寒風陶芸会館を巡回します。1日500円で「受付」「キラリ館バス乗り場」でのみチケットを販売します。

チケットの販売は上記2か所のみとなっております。第1~4駐車場にお車を止めていただき、キラリ館より巡回バスで巡っていただくとスムーズに牛窓クラフト散歩を楽しんでいただけます。
今日もオリーブ園は混雑し車を止めることができませんでしたのでバスが安心です。



◆イベントのお問い合わせ

tel/ 080-5751-0646
Direction / 山本美文
Produce / 末藤功太郎
[PR]
by mukunohana | 2013-04-13 22:37

牛窓クラフト散歩まであと2日。

牛窓クラフト散歩公式HP

本日最後の会場紹介です。
e0284872_22425957.jpg

18番 ガラス作家艸田正樹さんの趣ある大庭園の展示会場です。


e0284872_2243880.jpg

19番 陶芸作家中本純也さんの会場。普段もこの場所は展示などで開放され地元の方々にひたしまれた会場です。

e0284872_2243199.jpg

20番 ここでは日本料理温石、浅川巧パネル展、古唐津研究会伊藤明美さん、梶原靖元さん、菊池克さんの展示場所です。李朝の器も拝見できます。
3日前より温石さんも牛窓に入られ、仕入れ、仕込みを夜遅くまで準備されています。


e0284872_22433368.jpg

当日中川さんはお仕事が入りお見えになることができず、一足先に本日会場準備をしました。



さて明日は全国からクラフト作家が牛窓に集まり自分たちで会場準備を始めます。暮らしにより近い民家での展示。どういった展示になるのかも今回楽しみの一つです。

最後の1日となりましたがここまで全国の多くの方々からお電話いただきました。そういったなかボランティアの方々が準備を進めてくださり、明日いよいよ「牛窓クラフト散歩」が芽生えようとしています。全国からお見えになられる方々がひと時でも素敵な牛窓時間を過ごしていただけるよう心より願っています。

s.


※宿泊が取れないとのお問い合わせがありましたが、牛窓のすぐ向かいの島「前島」にも宿泊施設があります。船で5分ほどです。
[PR]
by mukunohana | 2013-04-11 23:00

ボランティアの方々へ

牛窓クラフト散歩公式HP



牛窓クラフトウォーカーの皆様

牛窓クラフト散歩、事前準備、当日の詳細事項が決まりましたのでブログでもご案内いたします。


■11日10:00~16:00 どの時間でもご参加可能 牛窓につき次第末藤まで
 末藤:080-5751-0646
集合:瀬戸内きらり館(瀬戸内市牛窓町牛窓3013-2)
内容:会場準備
備考:昼食は各自ご用意ください。

■12日 10:00~16:00 どの時間でもご参加可能 牛窓につき次第末藤まで
末藤:080-5751-0646
集合:瀬戸内きらり館
内容:会場準備、作家サポート
備考:昼食は各自ご用意ください


■13日、14日 8:00~13:00、13:00~17:00 
集合:瀬戸内きらり館
内容:
1、駐車場整理 
2、プラカード
3、温石 ホールスタッフ
4、ワークショップサポート
5、バス乗り場受付
6、受付
7、会場サポート
備考:昼食は各自ご用意ください。
駐車場:牛窓クラフト散歩 第4駐車場に停めて集合ください。



■交流会 13日、17:00準備開始~20:00頃まで(予定)
内容:
地元の方が準備して下さる料理の運搬、会場、配膳準備のお手伝い
集合:当日参加の方は会場まで誘導いたします。
※交流会準備のみ参加の方は、第4駐車場に到着次第ご連絡下さい。
<連絡先>
末藤:080-5751-0646
小林:090-1357-1979
駐車場:牛窓クラフト散歩 第4駐車場


■15日10:00~16:00
内容:片づけ、ゴミ清掃
集合:瀬戸内きらり館

ご不明点、ご質問などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。



牛窓クラフト散歩 末藤功太郎
[PR]
by mukunohana | 2013-04-10 08:32

イベントまであと5日。

牛窓クラフト散歩公式HP

残すところイベントまであと5日となりました。毎日があっという間に過ぎていきます。
さて、会場の説明の続きを。
e0284872_22593347.jpg

10番 安田さんの会場。もともとは昭和の写真館です。現在でも映画のロケなどに使われています。

e0284872_22594999.jpg

11番 鶴見宗次さんの会場。黒土を使って手びねりで器を製作されている愛知県常滑の陶芸家です。

e0284872_230343.jpg

12番 13番 ここはガラスの東さんと陶芸の寒川さんの会場。入口が2か所ありそこに別々で展示となります。寒川さんの奥様がコーヒー豆の販売も行います。

e0284872_230514.jpg

14番 三輪さんのアクセサリーやカトラリーの展示です。もともとは材木屋さんの民家です。

e0284872_231090.jpg

15番 吉田次朗さんの展示場所。ここは現在関東から作家さんが移住してきました。

e0284872_23113100.jpg

16番 堀さんと坂野さん夫妻の展示です。お二人は昨年関東からここ岡山に移住してこられた作家さんの一人です。最近岡山は特に作家さんの移住が増えています。

e0284872_2315239.jpg

C番 「中川正子写真展」 ここは銀行跡地で現在は地元の方々の展示などで使われています。
山本美文さんとのコラボレーション展示です。

e0284872_232691.jpg

17番 石川県ガラス作家の大迫友紀さんの展示場所です。中には古い家具などがおかれていて、外の光が差し込みいい雰囲気のなかご覧いただけると思います。


e0284872_23193166.jpg

しおまち唐琴通りには歴史の面影を残す細い路地や井戸がたくさんあります。オリーブ園とはまた違った景色をご覧いただき、クラフト作品とともに楽しんでいただければと思います。


s.


◆「日本料理温石」さんの予約 残り若干あります。

4月13日 ①11:00 / ②14:00
4月14日 ③11:00 / ④14:00

各会定員10名
お一人様¥8000
場所:20番(HPにて場所を確認ください)
内容:瀬戸内の食材を使って、古唐津研究会の器でお食事をお楽しみいただけます。

◇予約
お電話又はメールにてご確認くださいませ。
tel 080-5751-0646
mail cafedugrace@ybb.ne.jp
又はカフェドグラス末藤まで


◆イベントのお問い合わせ
Direction / 山本美文 (木工作家)
Produce / 末藤功太郎 (カフェドグラス)
[PR]
by mukunohana | 2013-04-08 23:02

有料巡回バスについて

牛窓クラフト散歩公式HP

残すところあと10日間ほどとなりました。
牛窓クラフト散歩会場巡回バスをご用意しました。

しおまち唐琴どおりキラリ館前―牛窓オリーブ園―寒風陶芸会館を巡回します。1日500円で「受付」「キラリ館バス乗り場」でのみチケットを販売します。

チケットの販売は上記2か所のみとなっております。第1~4駐車場にお車を止めていただき、キラリ館より巡回バスで巡っていただくとスムーズに牛窓クラフト散歩を楽しんでいただけます。

s.

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

お手伝いして下さる方を募集しています。
半日でも大丈夫です。

内容: 
・古民家、空き家の掃除
・交流会等の準備
・出展作家の展示準備のサポート
・会期中の作家のサポート
・会期後の会場掃除
・駐車場整理
・会場案内
など

sanpo@ushimado-craft.sunnyday.jpまで
是非ご連絡下さいませ。

◆イベントのお問い合わせ
Direction 山本美文(木工作家)
Produce 末藤功太郎(カフェドグラス)

cafedugrace@ybb.ne.jp
080-5751-0646 (10:00-17:00)
までお問い合わせください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
[PR]
by mukunohana | 2013-04-04 22:48

しおまち唐琴どおり中央エリア。

牛窓クラフト散歩公式HP

しおまち唐琴どおり中央エリアのご案内です。
e0284872_15251381.jpg

マップの4番です。もともと鮮魚屋だった空間をお借りしての展示となります。ここではスリップウェアの器の山田洋次さんが展示されます。

e0284872_15255717.jpg

次は5番。古い街並みにポツンと突如現れる戦後建てられたコンクリートの建物。もともとは歯医者を営んでいらっしゃり、現在は移転してこのあいているお部屋をお借りします。ここでは木工の藤原将史さんが展示されます。

e0284872_1526834.jpg

次は6番7番です。ここはもともと煙草屋さんでした。今でも懐かしい什器などが残されています。ここの隣の駐車スペースに金属の上田安伸さん。煙草屋さんに陶芸の島田篤さんと奥様の厚川文子さんが展示されます。

e0284872_15262168.jpg

次は8番。ここはもともと牛窓の港に立ち寄った方の宿場です。2Fは非公開ですが、小さなお部屋といくつもの階段があります。ここでは陶芸の菅沼淳一さんと河合和美さんが展示されます。

e0284872_15263131.jpg

次は9番。ここは戦後牛窓で1番の木造船業を営んでおられた方の大変立派なご自宅です。ここを見ると以前は牛窓も多くの人が海から行き来し、栄えていたんでしょうね。ここではガラスの井上美樹さんと漆の落合芝地さんが展示されます。

e0284872_15264897.jpg

そしてこの蔵はaの京屋の菓子木型の仕事です。岡山では唯一の菓子木型を作る職人さんです。ワークショップ会場では菓子の木型を使って色とりどりの消しゴムを作ります。

s.


「日本料理温石」さんの予約

4月13日 ①11:00 / ②14:00
4月14日 ③11:00 / ④14:00

各会定員10名
お一人様¥8000

場所 20番(HPにて場所を確認ください)

内容 瀬戸内の食材を使って、古唐津研究会の器でお食事をお楽しみいただけます。



◆予約
定員が残りわずかな場所もございます。

お電話又はメールにてご確認くださいませ。

tel 080-5751-0646
mail cafedugrace@ybb.ne.jp
又はカフェドグラスまで
[PR]
by mukunohana | 2013-04-01 15:28